マッカーサー草案 第23条[→日本国憲法第24条]
 家庭は、人類社会の基礎であり、その伝統は、善きにつけ悪しきにつけ国全体に浸透する。婚姻は、両性が法律的にも社会的にも平等であることは争うべからざるものである(との考え)に基礎をおき、親の強制ではなく相互の合意に基づき、かつ男性の支配ではなく、(両性の)協力により、維持されなければならない。

 これらの原理に反する法律は廃止され、それに代わって、配偶者の選択、財産権、相続、本居(domicile)の選択、離婚並びに婚姻および家庭に関するその他の事項を、個人の尊厳と両性の本質的平等の見地に立って規制する法律が制定されるべきである。
[PR]

by souansyuu | 2005-07-17 03:04 | 第24条【家族生活における...】



<< スペイン憲法[→日本国憲法第24条]

世界人権宣言[→日本国憲法第24条] >>