大八洲共和国憲法 第??条【平和主義・国際法・防衛】
1 共和国政府は、国内および国際社会に対し、平和と人権の尊重、国際法の支配を唱道し、推進する義務を負う。
2 一般に認められた国際法規、国際機関の決議はこの憲法の上位法であり、これらに反する法律や条約はすべて無効である。ただし、国会は両議院で3分の2以上の賛成により、これらに対する例外を定めることができる。
3 侵略戦争およびそれを目的とする武器の所有は禁止する。またそれにつながる恐れのある軍事同盟を結ぶことは禁止する。
4 平和隊は共和国に住む人びとの権利を守り、国際法の支配を擁護し推進するためにのみ活動してよい。
5 平和隊を第4項の活動に従わせるには、予め国会での議決か、緊急の場合は国会の議決による事後承認を必要とする。
6 平和隊の指揮権は首相が有する。平和隊の政治的中立は保障される。
7 国際機関による平和隊の査察を拒否してはならない。
8 平和隊を継続するかどうかは、4年ごとに国民投票にかける。
9 平和隊員の基本権は、その業務に関するもので、どうしても第4項に反するものに限り、制限してよい。

*これは日本国憲法第9条に関するNHKのテレビ討論に改正試案として投稿したもの(当然ボツ)を改稿した。ほんらいは数か条に分割すべき内容であろう。[松本・記]*
[PR]

by souansyuu | 2005-08-11 00:05 | 第9条【戦争の放棄、軍備...】



<< 大八洲共和国憲法 第××条【共...

大八洲共和国憲法 第1条【民の主権】 >>