イタリア共和国憲法 第100条【国務院・会計検査院】
1 国務院は、司法・行政的諮問機関であり、行政における公正の擁護機関である。
2 会計検査院は、政府の行為に関する合法性の事前審査、および国の予算の運営に対する事後の監査を行う。法律の定める場合および形式において、会計検査院は、国が通常の方法で補助する団体の財政上の運営に対する監査に参加する。会計検査院は、なされた検査の結果について、直接、両議員に報告する。
3 法律は、これら二つの機構およびその構成員の政府に対する独立を保障する。
------
*社会保険庁の不祥事を見るまでもなく、会計検査の強化は必要であろう[松本]
[PR]

by souansyuu | 2007-08-10 03:13 | 第90条【決算・会計検査院】



<< オーストリア憲法 第122条【...

日本国憲法 第90条【決算・会... >>