スペイン憲法 第136条【会計検査院、会計検査院の身分保障】
1 会計検査院は、国および公共部門の会計および財政業務の最高検査機関である。
2 国および国の公共部門の会計は、会計検査院にこれを報告し、会計検査院の検査を受ける。
 会計検査院は、その固有の権限を行使するほか、国会に年次報告書を送付する。報告書では、会計検査院が会計上、違反または責任があると判断したときは、これを国会に報告する
3 会計検査院の検査官は、裁判官と同様に、独立であり、かつ罷免されず、兼職禁止の義務を負う。
4 会計検査院の構成、組織および職務は、組織法でこれを定める。
----
*告発も職務として明示されている。[松本]
[PR]

by souansyuu | 2007-08-10 03:55 | 第90条【決算・会計検査院】



<< 中華民国憲法 第9章 監察

スウェーデン憲法 第12章第7... >>