デンマーク王国憲法 第47条【決算・会計監査委員】
1 決算は、会計年度の終了後6ヶ月以内に、これを国会に提出しなければならない。
2 国会は、一定数の会計監査委員を選任する。このような会計監査委員は、毎年度の決算を検査し、国の収入が正しく記入されたこと、ならびに予算およびその他の特別予算によって定められている場合を除き、いかなる経費も支出されなかったことを調べる。会計監査委員は、すべての必要な情報を要求することができ、またすべての必要な書類を閲覧する権利を有する。会計監査委員の数および職務に関する事項は、制定法によってこれを定める。
3 決算は、決定を得るため、会計監査委員の報告とともに、これを国会に提出しなければならない。
-----
*業務内容が的確に要約されていて、分かりやすい。[松本]
[PR]

by souansyuu | 2007-08-10 04:24 | 第90条【決算・会計検査院】



<< オランダ王国憲法 第4章 国政...

大韓民国憲法 第4章 政府 第... >>