ドイツ連邦共和国憲法 第114条【決算の提出、会計検査】
1 連邦財政大臣は、連邦政府の責任を解除するために、すべての収入および支出ならびに資産および負債についての決算書を、翌会計年度中に連邦議会および連邦参議院に提出しなければならない。
2 連邦会計検査院は、その構成員が裁判官的独立性を有し、決算ならびに予算執行および財政運営の経済性および適正性を審査する。連邦会計検査院は、連邦政府のほか、毎年直接に、連邦議会および連邦参議院に報告しなければならない。連邦会計検査院の権限に関するその他の事項は、連邦法で定める。
[PR]

by souansyuu | 2007-08-10 04:37



<< ベルギー王国憲法 第180条【...

オランダ王国憲法 第4章 国政... >>