オランダ王国憲法 第78a条【護民官】
1 国政護民官は求めに応じて、または独自に国の機関を調べ、また法律にしたがって国の機関に助言する。
2 国政護民官とその代理の護民官は、国会第二院によって法律で定める期間だけ任命され、自分から辞めるか法律で定める定年になったとき、その地位を失う。国会第二院は、法律が指定しているような場合には、その資格を停止したり、うばってよい。その他の法的地位は、法律で定める。
3 国政護民官の権限と仕事の手続きは、法律で定める。
4 国会が議決すれば、国政護民官に仕事を追加してよい。
[PR]

by souansyuu | 2007-08-10 07:59 | ない条【護民官】



<< 第7章 憲法改正

デンマーク王国憲法 第55条【... >>