超日本共和国連邦憲法 第25条
1、すべて人は、働き、休み、職業を自由に選択し、公正な勤労と生活条件を確保し、失業に対する所得保障を受ける権利を有する。

2、すべて人は、自己および家族に対して人間の尊厳にふさわしい暮らしを味わう公正な報酬をうけ、かつ、必要な社会的保護をうける権利を有する。

3、上記の解釈は、国際人権法などの国際法に基づく。

*どうしても、「最低限度の奴隷の生存権」をなくしたいので、世界人権宣言を改変してみました。[白崎・記]*
[PR]

by souansyuu | 2005-08-30 22:56 | 第25条【生存権、国の社会的..】



<< オランダ王国憲法 第41条

超日本共和国連邦憲法 第98条 >>