カテゴリ:第63条【国務大臣の議院出席】( 4 )

ドイツ連邦共和国憲法 第43条【政府および連邦参議院の構成員の出席】【→日本国憲法第63条】
1 連邦議会およびその委員会は、連邦政府のどの構成員に対しても、その出席を要求することができる。
2 連邦参議院および連邦政府の構成員ならびにその委任を受けた者は、連邦議会およびその委員会のすべての会議に出席することができる。これらの者は、いつでも発言することができる。
[PR]

by souansyuu | 2005-08-30 07:45 | 第63条【国務大臣の議院出席】

大八洲共和国憲法 第×○条【議員への情報公開】 
1 一人以上の連邦議員または州議会議員または自治共和国国会議員が要求すれば、国務相と長官および州と自治共和国の政府は、あらゆる情報を口頭または文書で提供しなければならない。
2 1にあげる情報提供を行なわないことは、犯罪を構成する。ただし、提供することが必然的に連邦の利益に背く情報の場合をのぞく。
3 2にあげた理由にもとづいて提供しないことを決めた情報は、その時点で期日を定め、後日に必ず公開しなければならない。それは、提供を求められた日から20年を超えてはならない。

*[松本・記]*
[PR]

by souansyuu | 2005-08-30 07:34 | 第63条【国務大臣の議院出席】

オランダ王国憲法 第68条【→日本国憲法第63条】
 国家の利益に反しないかぎり、国会の各院または両院合同会議のひとりまたは複数の議員が要求するあらゆる情報を、国務相と長官は口頭または文書で提供しなければならない。
[PR]

by souansyuu | 2005-08-30 07:11 | 第63条【国務大臣の議院出席】

日本国憲法 第63条【国務大臣の議院出席】
 内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。

*「答弁または説明」という、極めて曖昧な表現が問題である。責任内閣制である以上、内閣ないし官僚が求められた情報を国会に提出する義務、ロッカーに隠していた場合は処罰の対象とするような規定が求められる[松本]*
[PR]

by souansyuu | 2005-08-30 07:05 | 第63条【国務大臣の議院出席】