デンマーク王国憲法 第19条【対外問題】[→日本国憲法第9条]
1 国王は、国際問題については、王国を代表して行動する。ただし国王は、国会の同意なしに王国の領土の増減を来たすような行為をしてはならない。またその履行のために、国会の協賛を必要とする義務または非常な重要性を持つ義務を負ってはならない。また国王は国会の同意なしに、国会の同意を得て締結された国際条約を終了せしめてはならない。
2 王国またはデンマーク軍に加えられた武力攻撃に対する防衛のためのほかは、国王は、国会の同意なしに、外国に対し武力を行使してはならない。この規定に従って国王が取る措置は、直ちに国会にこれを提出しなければならない。(略)
3 (略)
[PR]

by souansyuu | 2005-07-17 02:19 | 第9条【戦争の放棄、軍備...】



<< スウェーデン王国統治法典 第1...

大韓民国憲法 第5条[→日本国... >>